チェックイン日:
チェックアウト日:
会員ID:
部屋数: 大人(名):
子供(12歳以下): 幼児(5歳以下):

宿泊予約はこちらから

空室検索

夏のインフォメーション

自家栽培農産物
summerevents-012

日本一の自家栽培農産物

北海道は雨が少なく涼しい気候なので農産物が育ちやすく、また農産物を育てるにあたって十分な土地があります。ニセコエリアで栽培された農産物は日本やアジアの至る所で目にすることができ、美味しいと評判です。その日に畑から収穫したばかりの新鮮な野菜や果物が直売店で販売されており、朝一からたくさんの観光客が新鮮な農産物を求めてニセコを訪れます。

収穫の時期

アスパラガス(5月上旬-6月下旬)

雪解けを終えた春から初夏の旬の野菜といえば、アスパラガス。夏の間、太陽の光と畑の養分をたっぷりとたくわえ、雪解けとともに力強く大地から芽を吹きます。収穫期間は5月中旬頃から6月末までですが、その中でも特に美しいのが最初の20日ほどです。

とうもろこし(7月上旬-9月中旬)

北海道の夏野菜の代表格と言っても過言ではない、とうもろこし。地元の人たちは、とうきびと呼んで親しんでいます。アスパラガス同様、朝採りをその日のうちに調理するのが一番!ゆでたとうもろこしを冷蔵庫で冷やすと、甘みが一段と増して、格別の美味しさです。

メロン(7月中旬-9月中旬)

羊蹄山麓で採れるメロンは羊蹄メロンと称して販売されています。甘みが強い赤い果肉のもの(赤肉)と、さっぱりとした後味の薄緑色の果肉のもの(青肉)が作られています。

大豆 (8月‐9月)

大豆、小豆、黒豆、インゲン豆、白インゲン豆など、ニセコエリアではたくさんの種類の豆が生産されています。

じゃがいも (8月上旬‐10月)

ニセコ、倶知安町は北海道で最もじゃがいもの生産率が高いエリアです。毎年夏には倶知安町特産のじゃがいもをテーマにしたじゃが祭りが開催され、倶知安町のマスコットである『じゃが太くん』も登場します。最も人気のある品種は男爵とキタアカリです。

蕎麦 (9月下旬‐10月)

7月から8月にかけて、そば畑には真っ白な花が付き始めます。蝦夷富士の麓、きれいな伏流水の池、白く広がるそば畑はとても美しい光景です。地元のレストランでは、羊蹄山の眺めとともにたくさんの手作り蕎麦が楽しめます。

産地直送

小売も行っている大きな農家や道の駅、野菜の直売を行うドライブインなどでは、産地直送にも対応しています。農家によっては、次回以降はFaxやメールでのリピート注文が可能なところも多く、収穫の時期に再度、訪れることが難しくてもお取り寄せが可能です。ドライブの途中で直売の看板を見かけたら、是非立ち寄ってみて下さい。生産者の姿が見える、安全、安心できる農産物との出会いが待っています。

※野菜や果物によってはクール便で送ったほうがよいもの、常温便で送ったほうがよいものがあり、それぞれをひとまとめに送ることはおすすめしません。

お問い合わせ
Send Tweet Pin it
Print this page Forward to friend

You might also like...

NEED ASSISTANCE REGARDING

自家栽培農産物

Contact us now